おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

内定率

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

転職エージェントの内定率を転職Gメンが調査した。書類や面接の通過率をはじめ、書類や面接の通過率の上げ方など、転職に役立つ情報が満載なのでぜひ参考にしてほしい。

転職エージェントの「書類」通過率を暴く

転職者の経歴、人柄、エントリーする企業などによって書類通過率は変動するが、平均値としては30%程度と言われている。

仮に5社の1次面接に進みたいと考えるのであれば、15社のエントリーが必要になる。「意外と厳しいな」と感じる転職者もいるのではないだろうか。

あくまで30%という数字は平均値であり、輝かしい経歴を持つ「経歴美人」なら、自身の経歴と合う企業に絞れば書類選考率100%も可能だ。参考値程度に受け取るといいだろう。

転職エージェントの「書類」通過率を上げるには

転職エージェントの書類選考通過率を上げるには、各業界や職種に強みを持つエージェントを利用するといいだろう。

志望する業界に強い転職エージェントに相談してみるのも大切だ。合わせて実際にエントリーする求人が、自分の経歴で考えて現実的に内定をもらえる可能性があるかもチェックしよう。

転職エージェントの「面接」通過率を暴く

企業や転職者によってバラつきはあるが、1次面接通過率は30~40%程度で、最終面接通過率は30~50%程度と言われている。

先ほどの書類通過率の平均値30%を加味して、高めに見積もってみると30%×40%×50%=6%の内定率となる。つまり、内定1件獲得するためには、17件以上の企業にエントリーする必要があるのだ。

企業によっては1次面接、2次面接、最終面接と、面接が3回設定されている場合もあるので、その場合はもっと低くなる可能性があると言えるだろう。

転職エージェントも「面接」通過率を上げるには

面接の通過率を上げるためには、第一印象を良くすることが大切。明るくて爽やかな印象を与えるようにするといいだろう。

面接の際には、転職理由の内容がネガティブ過ぎないように意識するのも大切だ。面接官との受け答えにズレがなく、わかりやすく回答してコミュニケーションをスムーズに行なうこともポイント。

面接に臨む前は、企業について事前にしっかりリサーチしておくことも忘れずにやっておくといいだろう。

おすすめの転職エージェントを
転職Gメンが大捜査!

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】