おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】
おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較 » 20代向け転職エージェントをおすすめ

入社5年目の女・広報アサミが20代向け転職エージェントをおすすめ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

入社5年目の女・広報アサミが、転職エージェント5社を求人の総件数で比較する。転職業界でも売り手市場と言われる20代後半。彼女がおすすめする転職エージェントは一体どこなのか…。その真相に迫る。※求人件数は2018年10月時点の調査による

20代の転職はジョブチェンジ、
最後のチャンス。

入社5年目の女・広報アサミ

転職業界における20代後半は、キャリアを生かしたジョブチェンジができる最後のチャンス。いま転職することで挑戦できる職種も豊富だ。

ここでは、今後のキャリア形成のために転職を検討する入社5年目の女・広報アサミと、転職エージェントを総件数で比較していこう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト画像

  • 総求人数:208,659件
  • 公開求人数:35,041件
  • 非公開求人数:173,618件

公式サイトで
求人数を見る

圧倒的な求人数と実績を誇る業界最大手の転職エージェント

求人数20万件以上、転職支援実績41万人以上と、求人規模・支援実績ともに業界トップを誇るリクルートエージェント。営業・金融・ITエンジニア・事務など、多彩な求人を豊富に取り揃えている。

求人案件の約80%が非公開と、まだ見ぬ優良案件を多数保有していることも伺える。各業界に精通した専門のアドバイザーも多数在籍し、求職者のスキルや希望に合わせ、様々な企業とマッチングさせてくれると評判だ。

リクルートエージェント潜入捜査ファイル

入社5年目の女・広報アサミ

アサミ

業界トップの実績を誇るリクルートエージェントの実態に、キャリアアドバイザーとのカウンセリングを重視する入社5年目の女・広報アサミが迫る。

リクルートエージェントの面談では、彼女に対してどんな転職プランを展開したのか。転職エージェント登録から面談後のフォローまで、その内容を見てみよう。

リクルートエージェントを利用した20代の口コミ評判

リクルートエージェントはサポート体制がしっかりとしています。はじめて担当者に面談した際に職務経歴書と履歴書の修正指導や、希望内容をしっかりと聞いた上でキャリア指導していただきました。一人で転職活動するより、リクルートエージェントを利用してよかったと思います。

また、面接対策の質が高いのも大きなメリットです。面接はこれまでに経験した回数が少ないので、どうしても緊張しちゃうのですが、事前に面接官の質問の傾向や対策を教えてくれて、しっかりと準備をして面接に挑めました。職務経歴書や履歴書はいくらでも立派に書けますけど、対面で自己アピールが必要な面接は、きちんと用意をしたほうが絶対に良いです。

業界大手ということで、求人に信頼感があります。また、転職に関するノウハウがあり、特に履歴書の書きかたが参考になりました。公式サイトのコラムも転職をする際の心構えや業界の傾向などを知ることができて、勉強になります。新卒から年月が経ち、面接の礼儀や履歴書の書きかたなど忘れていた部分が多く大変助かりました。おかげで転職後、年収が30万円もアップしたので、利用して良かったと本当に思えます。

20代といっても前半から後半まで幅がありますけど、それぞれの年代に合わせた対応をしてもらえるのが、やっぱり大手ならではと感じました

前職で営業を担当していましたが、営業スタイルが自分に合わなかったので転職を決めました。こちらとの面談では中学生時代から現在までに体験したことや、なぜ転職したいのか、どんなところを希望するのかなどのヒアリング。それらの情報をもとに、いい転職をするためのアドバイスをたくさんいただけたので、やる気が出たのを覚えています。

最終的に30社ほど紹介いただき、その中から10社に応募。どの会社も自分のスキルや方向性に合う求人ばかりでした。

面接のたびにリクルートの担当者さんとはやり取り。どんな質問が来ても大丈夫なように、面接対策を練りなおしながらトライした結果、年収大幅アップで転職できました!

DODA

DODA公式サイト画像

  • 総求人数:126,879件
  • 公開求人数:44,562件
  • 非公開求人数:82,317件

公式サイトで
求人数を見る

IT・電気業界に強い大手転職エージェント

業界大手の転職エージェントとして、全国に拠点を持つDODA。10万件以上の求人を取り揃え、年間18,000人以上の転職をサポートする。

非公開求人も多数用意されており、一般では公開されていないような特別な求人の紹介を受けることも可能。数ある業種のなかでも、特にIT業界や電気・機械関連業界の求人に強いのが特徴だ。

DODA潜入捜査ファイル

入社5年目の女・広報アサミ

アサミ

豊富な求人数が魅力のDODA。果たしてエージェントサービス申し込み後は、どんな求人を紹介してくれるのか。

カウンセリング面談を重視する入社5年目の女・広報アサミが、エージェント登録からカウンセリング面談、キャリアアドバイザーから実際に受けたアドバイスを記録している。

DODAを利用した20代の口コミ評判

DODAを利用した理由は、インターネットでの評判が良かったからです。実際に利用した印象は、評判通りキャリアコンサルタントの方が親身になってサポートしてくれていると感じました。

担当者の当たりはずれはあると思いますが、一人ひとりしっかりとサポートするDODAはそのようなことは少ないかと思います。おかげで医療業界へ転職ができました。はじめて転職エージェントの利用を考えている方は、DODAがおすすめです。

30歳を目前にし転職を考え、DODAやその他の人材紹介会社に登録しました。他の会社は電話とメールだけでしたが、DODAは担当者と登録後すぐに面談をすることになり、よい印象を持てたことを覚えています。

実際に面談すると自分の考えや希望が整理され、どのような会社に転職したいか明確にできました。その他のサポートもしっかりとしていて、担当者は本当に優秀な方だと思います。希望にあった会社を10社以上も紹介され、転職を成功させることができました。

前職は業務内容には大きな不満はありませんでしたが、昇給率が低いので転職を決意。最重要条件は年収30%アップ。その他の条件も担当者に伝えたところすぐに10社ほどピックアップしてくれ、最終的に50社近く紹介してくれました。結果、12社に応募して年収アップが見込める会社に転職。また、年収が上がっただけでなく、自分を欲しいと言ってくれる企業に巡り合えたことで、自信が持てるようになりました。

転職で一番高いハードルは「転職活動を始めること」だったように感じます。まずは相談だけでもしてみると良いですよ。

パソナキャリア

パソナキャリア公式サイト画像

  • 総求人数:47,730件
  • 公開求人数:18,989件
  • 非公開求人数:28,741件

公式サイトで
求人数を見る

16,000社の取引企業を持つ総合型転職エージェント

総合人材サービスの先駆けとして、これまで約25万人の転職を支援してきたパソナキャリア。

取引企業数は国内トップクラスの16,000社にのぼり、業界・業種問わずあらゆる求人に対応している。まさに総合型エージェントならではの強みだと言えるだろう。

幅広い年齢層の転職実績を持ち、特に20~30代の中堅クラスの転職支援を得意としている。

パソナキャリア潜入捜査ファイル

国内トップクラスの取引企業数を誇るパソナキャリアについて入社5年目の女・広報アサミほか、4人の転職Gメンが捜査した。

パソナキャリアの気になる特徴や会社情報など、一斉調査した内容を詳しくまとめている。

パソナキャリアを利用した20代の口コミ評判

とても親身になって対応してくれました。アドバイスも的確で細かく、自分の希望をしっかりと汲んでくれましたし、面接対策のおかげで不安にならず面接を受けられました。担当のコンサルタント次第かとも思いますが、同様にパソナキャリアで転職を決めた友人がいたので、コンサルタントのレベルは高いんじゃないでしょうか。一人では難しい職務経歴書の添削や面接対策をフォローしてくれたので、利用してよかったです。

初めての転職で不安はありましたが、広告業へ無事転職できました。担当者は丁寧に要望を聞いてくれて、候補も要望に沿ったもので、満足しています。地方なので、求職の数が少ないんじゃないかと思いましたが、業界大手ということでそんなことはなく、多くの紹介がありホッとしました。ただ、こちらから連絡しないと返事がこないことがあったので、お忙しいかもしれませんが対応スピードが早ければもっとよかったと思います。

人間関係に疲れてしまい、もっと一体感のある会社で働きたくて転職活動をスタート。担当の方も転職体験者で、面談の際にいろいろと体験談を聞けて良かったです。合計25社の紹介をいただき、7社に応募しました。

転職活動中はレスポンスが早いエージェント会社だなと思います。条件が合わないだけでしょうが、1次面接までで終わってしまうことも多かったです。最初は根性論で頑張ってしまいうまくいきませんでしたが、譲れる条件も決めたうえで面接を受けるようにしたところ、転職に成功!希望全てを満たした会社ではありませんが、自由に意見を言える環境で能動的にお仕事しています。年収も少しアップしました。

マイナビエージェント

マイナビエージェント公式サイト画像

  • 総件数:28,538件
  • 公開求人数:6,860件
  • 非公開求人数:21,678件

公式サイトで
求人数を見る

大手上場企業も認める知名度バツグンの転職エージェント

様々な人材情報サービス事業を手掛けるマイナビが運営するマイナビエージェント。業界大手として高い実績と知名度を誇り、全国の大手上場企業やベンチャー企業など、優良企業の求人を数多く提供している。

様々な業界・業種に対応した専門のアドバイザーも多数在籍しており、応募から転職まで充実したサポートが受けられると評判だ。

マイナビエージェント潜入捜査ファイル

人材紹介サービス業界の大手として高い知名度を持つマイナビエージェントの真相に迫るため、転職Gメンによる潜入捜査を実施した。

気になる転職サービスの特徴や会社情報など、マイナビエージェントの全貌を解き明かしている。

マイナビエージェントを利用した20代の口コミ評判

最初は自力で転職活動をしていましたが、転職情報を探す時間を作ることが難しくなり登録しました。エージェントを使うことで転職に不利になると噂で聞きましたし、未経験の業界への転職を考えていたので、登録には二の足を踏んだのを覚えています。しかし、担当の方が親身になって対応してくれて、求人もかなりの数を提案していただきました。履歴書や職務経歴書の書きかたを教えていただき、未経験でも転職することができて感謝しています。

はじめて転職エージェントを利用しましたが、担当者は親切・丁寧に対応してくれたので、自分の納得できる職種での転職ができました。最初どう転職活動をしていいのかわからず不安でしたが、自分の性格やタイプなどを診断してもらい、その結果にあった職場で働けています。今までは、自分の意思で選択したにも関わらず、想像と違うことを理由に退職したことが何度もありましたが、今回は辞めずに働けそうです。マイナビエージェントの担当者には感謝しています。

前職は営業職。上司のモラハラに悩まされ、もっと自分の意志を大事にできる環境がほしくて転職活動を始めました。

希望する業界をかなり絞り込んでお願いしたので、ヒットする求人は少なかったけど、ほかの業界の求人も含めて40社ほど提案いただき、10社に応募。

その間、エージェントさんは手厚いフォローをしてくれました。人間関係で離職する私の思いを尊重してくれて、案内してくれる先の社風や役職スタッフのキャラクターなどの情報提供も。無事転職でき、風通しの良い環境で働けています。残業時間は激減、なのに年収は増えていて、転職して良かったと思えています。

Spring転職エージェント

spring転職エージェント公式サイト画像

  • 総件数:22,022件
  • 非公開求人数:不明

公式サイトで
求人数を見る

グローバルな転職支援を得意とするエージェント

スイスに本社を構える世界的総合人材サービス企業、AdeccoグループのひとつであるSpring転職エージェント。世界に広がるネットワークを活かし、国内の企業だけでなく、外資・グローバル系企業の求人も多数保有している。

エージェントサービス利用者からの評価も高く、2018年のオリコン顧客満足度調査では見事1位を獲得。確かなサポート力を持つ転職エージェントだと言えるだろう。

Spring転職エージェント潜入捜査ファイル

世界各国の幅広いネットワークを活かした膨大な求人ネットワークを持つSpring転職エージェント。

Spring転職エージェントの詳しいサービス情報や会社情報などを入社5年目の女・広報アサミをはじめとする転職Gメンが詳しく調査した。

Spring転職エージェントを利用した20代の口コミ評判

営業職をしていましたが会社経営が傾き転職をすることになりました。担当者との面談では、雑談を交えながら要望を的確に聞き出してくれて、その中で色々考えることで視野が広がったと思います。求人についても情報とは実際と異なることも教えてくれたので、信頼できました。サポートも早く、知識も十分にある方だったのもプラスです。転職が成功し、趣味に使える時間が増えて年収もアップしましたので、結果には満足しています。

求人情報を見ると大手企業や、未経験者でも働ける内容の業種が多くありましたが、ベンチャー企業の募集は少なかったです。担当者からはスキルに合った内容から求人を提案してもらえたので、見当違いの求人はありません。キャリアにプラスになるような資格の情報も教えてもらえて、今でも資格取得に役立てています。転職成功後も、現在の状況や問題が起きていないかなどアフターフォローの連絡をいただき、好感が持てました。

20代が転職エージェントを選ぶときのポイント

親身になって対応してくれるか

転職エージェントとは一般的に面談を行い、今までのキャリアや転職先の希望についてヒアリングをする。その際、転職成功に向けて具体的なアドバイスをもらえるかが重要になる。相性もあるので、ここで不信感を持つようであれば他の担当者に変えてもらうか、会社ごと変えたほうがいい。

20代の転職だと第二新卒なのか、キャリアアップをしたいのか、職種を変更するかなど多岐にわたるが、現在の状況を第三者の視点からどのように転職活動を行うか方向性を示してくれるはずだ。

転職活動を支援してくれるか

選考の中には履歴書や職務経歴書の提出や面接がある。転職を成功させるには履歴書、職務経歴書を採用担当者へ印象を残す必要がある。そんな時に、転職エージェントが添削をしてくれると、次の段階にすすめやすくなる。

また、面接も採用担当者の人柄や質問の傾向がわかると攻略しやすい。転職エージェントはその企業の採用担当者について情報を持っていることが多く、有用なアドバイスをもらいやすい。

味方になってプッシュしてくれる

転職エージェントは、自身の実績を上げる意味もあるが、内定がもらえるように企業へ積極的にアピールしてくれる。たとえ面接の評価が厳しかったとしても、採用担当者へフォローすることで良い結果に繋げることや、ダメだったとしてもフィードバックをもらうことで次に生かすこともできる。こうしたバックアップがあることで、一人で転職活動を行うよりも転職が成功する確率がアップするのだ。

20代での転職がおすすめの理由

30代と比べて成長できる期間がある

採用する企業としては、能力が少しくらい低くても、これから教育によって伸びていくという点が評価のポイントになる。特に同じ業種で長年働いていると考え方も固まってくるし、そんな考えを持つ者より、企業としても教育しがいのある20代を採用したいと思うだろう。成長性という意味で20代には大きなメリットがあるといえるのだ。

転職によるキャリアアップを狙いやすい

転職をすると考えると後ろ向きに考えてしまうが、年収を上げるんだというポジティブな気持ちが大切だ。20代は転職によってキャリアアップを狙いやすい年代なんだ。転職を考えているということは、「今の職場では力を発揮できていない」「向上する余地がある」ということだ。今から頑張れば十分に間に合う。仕事や将来についてしっかりと考えよう。

新卒に比べ教育に掛けるコストがかからない

新卒を採用するには、人件費や教育などかなりのコストがかかる。このコストは会社に長く働くことで還元してもらうための先行投資としてとらえられている。20代での転職ならば、社会人としての最低限の知識、マナーを持っていると思われるので、採用する企業としては教育にコストがかからないという点で大きなメリットになる。

捜査した転職エージェント一覧

20代の転職成功体験事例

転職した理由

前職はクリエイティブな職種に就いていました。企画やディレクションといったことはもちろん、運用開始後の分析やスケジュール・経費関連の管理まで一連の業務を任せてもらえる職場で、本当に学びの多い環境だったと思います。売り上げやコストなど現実的な数字と向き合うのがしんどいと感じたこともありましたが、本気で作品をつくり、育てられたのは良い経験でした。

でも、給料面や人事には不満もありました。

給料面に疑問を抱いたきっかけは、毎日残業で疲弊していた私と、定時で帰れる職種のスタッフの給料がほとんど変わらないという事実に気づいたこと。私が就いていたのは業務負担が大きく、会社の売上の大部分を担っている職種でした。納得は到底できませんでしたね。

昇給制度は明確な基準がなく、露骨なお気に入り人事。その杜撰さに対して何も感じないのか、上司は「昇給はチーム編成次第、結局運だから~」と言っていました。

本気で転職を考えるようになったのは、自分のこれからのビジョンを考えたときです。新卒の頃は目の前のタスクをこなしていくのに必死で、今後のことを考えるゆとりはありませんでした。でも2年経つと仕事にも慣れてきて、3年経てば今後のビジョンに目を向けられるようになったんです。

しかし、前の会社には目標としたいと思えるような上司や役職者がいませんでした。そういった指導も研修もありません。会社にとっては個人のビジョンを考えるより、事業成長のために目の前のタスクをこなし続け、利益を増やすことが最優先だったのかもしれません。

目指すべきビジョンが見えず、また疲労のせいか、この頃から体調も崩しがちに…。もうこの会社で働きたいと思えなくなり、転職することを決意しました。

どんな転職活動をしたか

転職活動には、知り合いから紹介された転職エージェントを利用しました。希望は前職と同じクリエイティブ職。また私には絶対に譲れない、企業選びの軸が3つありました。

「面白いと感じられる仕事がしたい」「ユーザーの日常にちょっとした喜びを与えられるものを作りたい」「自身の成長がのぞめる環境に身を置きたい」、これは新卒で就職活動していた頃から変わりません。

ですが、業界事情に疎くて企業の内情どころか、そもそも他にどんな会社があるのかすら分からない状態。学生時代はとにかく足を使っていろんな会社の説明会に参加していましたが、今回は働きながらの転職活動だったのでそんな余裕もなく…。転職エージェントのサポートがなければ、きっと上手くいかなかったと思います。企業選びから全力でアドバイスしてくれた担当エージェントさんには、本当に感謝してもしきれません。

実際に転職活動をしてみて

一番の難関は面接でした。

私は面接が大の苦手で、ずっと苦手意識を持っていました。転職活動をスタートして初めての面接は、見事に玉砕。前日は面接で聞かれるだろう質問を予想して何度もセルフトレーニングしたんですが、予想があたったのは3問程度。自分の得意分野の話題ですら上手く喋れず、まったく自己アピールできませんでした。

面接後すぐ担当エージェントさんとの面談の予定を組んでもらい、振り返りと反省を行うことに。自分に足りなかった部分を考えて、テンプレート通りの回答ではなくきちんと自分の言葉で喋れるように練習しました。

面接練習は、私がこれまでにやってきた仕事やどんな思いで取り組んできたか、何が好きでこれからやっていきたいことは何かなど、私自身のことを深く掘り下げるところから始めました。自分の考えをきちんと言葉にできるようになると、質問にも緊張しないで答えられるようになり、会話を楽しむ余裕も生まれました。

2回目以降の面接は、自分でも悪くない出来だったと思います。さらに、面接を重ねていくうちに面接官が本当に聞きたいことが見えてきて、トントン拍子で次の選考に進めるように。念願の初内定をいただけたのは第一志望の会社でした。

また、もし選考で落ちてしまった場合でも「なぜダメだったのか」を先方にうかがえるのが転職エージェントを活用するメリットだと感じました。普通の就活なら、なんで落ちたのか分からないままですからね。ダメだった理由をもとに次の面接対策を考えられるのは非常に有意義でした。

転職してどう変わったか

ありがたいことに複数の会社から内定をいただき、そのなかの1社に無事転職することが決まりました。その会社を選んだ理由は、働いている方々の人の良さです。面接を進めていくなかで「この人たちと一緒に働けたら楽しいだろうな」と思えたことが最大の決め手となりました。

現在は有休消化期間中ですが、早く働きたい!という気持ちでいっぱいです。一時期はかなり落ち込んでいた私が再び前向きになれたのは、転職を決意して良い会社に巡り会えたおかげです。

残念ながら年収は上がりませんでしたが、下がってもいません。新しいステージでこれまでの経験やスキルを活かし、最高のパフォーマンスを発揮できるように努力を重ねていきたいと思います。

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】
おすすめの転職エージェント