おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

ハイクラスキャリア向け転職エージェントの選び方

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

ハイクラス向けの転職についてポイントをまとめた。また、転職エージェントのタイプごとの特徴もまとめている。

業界・業種で選ぶ

転職先として希望する業界や業種に強い転職エージェントが存在している。もちろん、広い業界をカバーしている総合転職エージェントもある。

転職したい業界が決まっているなら、やはり強みを持っているエージェントがおすすめだ。営業、コンサル、ITといったキーワードと共に探してみるといいだろう。

また、管理職以上の転職に特化したエージェントもある。ハイクラスやエグゼクティブの転職は、実績や年齢を重ねた転職者が多い。ある程度のポストに収まっていることが多いため、転職先でも同等か今以上のポストを希望するのが一般的だ。

転職活動を始めるまえに、希望する業界と業種をしっかりと描いておくことが大事だ。ハイクラス転職を考えているなら、ビジョンをしっかり持っていないと難しいかもしれないぞ。

エージェントが持つ非公開求人

転職エージェントには、企業が非公開で求人情報を出している。転職者とマッチするとエージェントが考えたときに、情報が提供される仕組みだ。転職先の業界や業種の指定がないと、エージェントが情報を集めにくくなる。せっかくのチャンスが知らない間に誰かの手に渡っている可能性もあるのだ。そうならないためにも、明確なビジョンは必要だろう。

年収で選ぶ

希望する年収で転職先やエージェントを選ぶ方法もある。キャリアアップはもちろんだが、年収だって上げたいはずだ。転職エージェントでは、業界や業種の他に、年収でも求人を絞り込める。

注意が必要なのは、現状とあまりにもかけ離れた金額の場合だ。

年収で選ぶときに注意したいポイント

給与というのは、その者の実績をはかる1つの物差し。企業側が提示している給与と比べてあまりに差があると、実績不足を疑われてしまう。特に、ハイクラス求人の場合は転職者のスキルや実績が重要視される。即戦力中の即戦力なのだから、当たり前のことだろう。

年収で転職先やエージェントを選ぶ場合は、ギャップを埋めるための自己PR法を身につけて対策しよう。年収の差が大きすぎると諦めるのではなく、エージェントと共に対策を練るのがベターだ。自分の強みや弱み、自己PRの方法などを教えてくれる。

転職エージェントタイプで選ぶ

ハイクラスの転職エージェントには、大きく分けて2つのタイプがある。ヘッドハンティング型と総合転職エージェント型だ。それぞれの特徴とおすすめの転職エージェントサービスを紹介する。

ヘッドハンティング型

転職者の登録条件をもとに、ヘッドハンターから連絡が来るシステムの転職エージェント。エージェント(コンサルタント)を間に挟まないのが特徴だ。

ヘッドハンターと直にやり取りができるため、よりハイクラスな求人情報を手にできる。難点があるとすれば、ヘッドハンターから声がかるまで待つしかないこと。マッチングした後は、実力で転職を成功させる必要があることだ。エージェントのサポートは無い。ヘッドハンターから声がかかる自信があり、中長期的な転職活動が行える者に向いている。

ビズリーチ

「年収600万以上の転職者にえらばれている」がうたい文句のヘッドハンティング型転職サービス。ハイクラスや専門職の求人を多く扱っており、ヘッドハンター登録数は2019年6月現在2,900名以上だという。

無料での利用もできるが、タレント会員、ハイクラス会員の2つの有料プランがあり、利用すればより幅広い情報が手にできる。転職先の幅を広げたいときは、有料プランを試すと良いだろう。

タレント会員は月額2,980円、ハイクラス会員は4,980円で利用できる。

総合転職エージェント型

総合転職エージェント型は、いわゆる一般的な転職エージェントサービスだ。企業と転職者の間にエージェント(コンサルタント)が入る。転職者への情報提供はもちろん、自己PRの方法や業界・企業研究、メンタルサポートなどを行ってくれる。

転職が初めての場合やサポートを受けながら転職活動をしたい者におすすめだ。エージェントが求人情報を探してくれるため、スピーディーに転職したい者にも向いている。

ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービス

各業界や職種に強いコンサルタントが在籍。専門知識があるため、転職を有利に進めてくれる。また、転職者への適切なアドバイスで転職して本当にやりたいことを引き出してもくれる。

非公開求人は10万件以上。幅広い業界や職種から自分に合った企業を紹介してくれるのは、エージェントが在籍しているからこそだろう。求人情報に掲載されているような一般的な求人情報だけでなく、企業の文化や同僚になるかもしれない人物の人柄なども教えてもらえる。情報が豊富な分、転職もスムーズに進むだろう。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】