おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

年収交渉

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

転職エージェントにおける年収交渉のポイントをエンジニアのユウが紹介する。

転職エージェントの報酬は、採用された求職者の年収で売り上げが決まる。キャリアアドバイザーが担当した転職者の年収が高いほど、利益が出るのだ。当然、年収交渉にも熱が入る。

高収入を期待するなら、年収交渉はエージェントに依頼するのが賢い選択だと言えるだろう。

転職エージェントの年収交渉をエンジニアの男・SEユウが攻略

年収交渉はタイミングが大事

転職エージェントに年収交渉をお願いする場合、希望の年収を転職エージェントに伝えるベストタイミングは「最初のうち合わせ」だ。

エージェントではあらゆる業界の給料の相場を知っているため、転職者のデータからどんな転職先なら希望する給与条件を満たせるか判断してくれる。

最初に伝えておけば希望する年収に合った求人をはじめから紹介してくれるので、ミスマッチな求人に時間を無駄にすることが避けられる。

年収の最低条件・希望条件を明確に

転職エージェントを利用するときは、給与面での最低条件と希望の条件を明確に伝えておくことが大切だ。合わせて、なぜ年収をアップしたいかという理由も伝えておくといいだろう。

交渉するエージェントに最低条件と希望条件がしっかり伝わっていれば、交渉の過程で採用側の不安を払拭してくれる。

少なくとも、あなたの希望に沿わない額で交渉を終えてしまうようなことはしないはずだ。

年収交渉できる説得材料を集める

転職エージェントが年収交渉をする際に、必要なのは客観的なデータだ。交渉に使えそうなあなた自身にまつわるデータを、積極的にエージェントに伝えておこう。

「転職者がこれまで勤めてきた会社での実績」や「現在受けている他社からの内定」といったデータを駆使すれば交渉が有利に進められる。

転職エージェントはあなたの代わりに交渉のテーブルに座るパートナーだ。武器となる手札はできる限り共有しておくべきだろう。

転職エージェントでの年収交渉OK・NG集

年収交渉を転職エージェントに依頼する場合、伝えておくべき情報や、決してやってはいけない禁じ手などが存在する。その良しあしを理解して、年収交渉をスムーズに進めてもらおう。

OK集
  • どれだけ年収アップしたいか割合で伝える
  • 年収アップしたい理由や実現のための論拠を伝える
    (客観的なデータを示す)
  • 他社選考を交渉材料にする
  • 現在勤めている会社の収入を額面で伝える
  • 年収はもちろん働く条件や希望を伝える
NG集
  • 「ほかの会社から年収○○万円で内定をもらった」と嘘をつく
  • 交渉時に傲慢・自意識過剰にでない
  • 相場を大幅に超える年収を希望しない
  • 転職エージェントに話していた年収額と面接時に伝える希望年収がブレる
  • 年収のことばかりを話す

転職エージェントで年収を上げるための姿勢とは

転職の際に、年収や給与といった金額面の条件は重要だ。しかし、本当に大切だといえるのは「その企業に本当に入社したいかどうか」ではないだろうか。

転職エージェントのキャリアアドバイザーたちも、必ずしもお金のためだけではない転職動機には、「この人のためにがんばってあげたい」と思わずにはいられない。

給与面の条件がいいだけの求人なら、素人でもある程度は探せるだろう。せっかくプロを頼るのだから給与面以外、働きがいや企業の社風なども重視して転職先を探してもらおう。

優れた転職エージェントは、あなたの人生を総合的に考えた求人を提案してくれるのだから。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】