おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

複数登録

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

ここは夢に破れ、都会に消耗した男が転職エージェントの掛け持ち攻略法を紹介するページだ。

東京は魅力的な街だ。夢を見てやってくる人間は多い。しかし、東京に夢を見て東京に敗れた男もまた、数多く存在するのだ。

転職エージェントの掛け持ちを都会に消耗した男・XXハヤトが攻略

キャリアアドバイザーを選べる

複数の転職エージェントを利用するメリットは、転職サービスの内容を比較・検討できることだ。比べることで、自分に合った最適なエージェントを選ぶことができる。

もしも1社登録しかしておらず、担当者が自分と性格の合わない人物だった場合、できる限り早く変更してもらうべきだろう。

だが、「担当者を変えてほしい」とはなかなか言いづらいもの。そんなときに複数登録をしていれば、相性が合わなくても別の転職エージェントを使えばいい。

複数のアドバイザーから助言をもらうことができれば、自分のキャリアを色んな視点から見ることができる。視野も広がるだろう。

用途で使い分けられる

転職エージェントごとに求人数・専門分野・サポートの内容はかなり異なる。複数の転職エージェントから同じ会社を紹介された場合でも、エージェントによって持っている情報は違うのが当たり前だ。

業界専門知識が豊富なエージェントなら、紹介先企業の社風やどのような人が働いているか、産休や育休は実際に使われているかなど、通常の求人情報ではわからないことまで教えてくれるだろう。

求人の多いA社で求人を探し、面接・応募書類に関して的確なアドバイスをくれるB社で対策をするなど、用途によって転職エージェントを使い分けるとよいだろう。

また、複数の転職エージェントを利用する場合は、別エージェントから同じ企業への重複応募を防ぐため、複数登録していることを各転職エージェントにあらかじめ伝えておくことが大切だ。

独占案件カバーできる

複数の転職エージェントを利用すれば、多くの非公開求人を確認することができる。

非公開求人とは「応募者が多すぎる」「ライバル社に求人動向を知られたくない」「極秘プロジェクトのメンバーを集めている」といった理由で、企業が転職エージェントだけに依頼することで発生する案件だ。

一般公開されていない求人なので、自分では見つけ出すことができない。転職エージェントに複数登録することで、希少価値の高い非公開求人に巡り会うことができる可能性が高くなるのだ。

転職エージェントを掛け持ちすることのメリット・デメリット

転職エージェントを掛け持ちすれば多くのメリットが得られるが、一方でデメリットもある。

メリットとデメリットを押さえたうえで掛け持ちを検討するのが転職エージェントの賢い使い方だと言える。

メリット
  • 応募できる求人の数が増えて選択肢が広がる
  • 各転職エージェントが持つ非公開求人を見られる
  • 多方面からのアドバイスを受けることができる
  • 自分に合ったコンサルタントと出会える
  • 目的や用途に応じて使い分けられる
デメリット
  • 情報が増えるため求人選びに迷ってしまう
  • 別の転職エージェントから同じ企業に応募してしまう可能性がある
  • 面談・面接・応募などスケジュール管理が大変になる
  • 各コンサルタントからのアドバイスが違った場合は混乱する
  • そもそも登録するのが面倒

転職を成功させるための転職エージェントの役割とは

転職エージェントは、転職の方向性が定まっていない・初めての転職で何から始めて良いかわからない・自分を企業に売り込むための強みがわからないという人の転職もサポートしてくれる。

カウンセリングを重ねることで、自分では気づかなかった強みを見つけることができるだろう。

1人での転職活動だと「早く就職しなければ」と焦りを感じてしまうものだ。また、面接練習や応募書類の確認をしてくれる人が周りにいなければ、自分の弱点に気づきにくい。短期で転職を成功させるなら、転職エージェントを利用した方がよいだろう。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】