おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

対応スピード

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

転職エージェントに登録して、対応の早さを気にする元キャリアウーマンの主婦マツコ。彼女の意見を基に、転職エージェントの対応について調査してみた。

転職エージェントの対応スピードを勝ち組の女・主婦マツコが攻略

対応の早さと紹介される求人の質は比例する

転職エージェントでは求職者が転職に至るまでの時期を重視している。

多くのエージェントが登録した日付「初回登録日」からの期間が短い求職者に優先的に良い求人を紹介するのだそうだ。なぜなら、初回登録日が新しい求職者ほど成約率が高い傾向にあるから。

つまり、転職エージェントは良い求人であればあるほど、有望な求職者に迅速に紹介しているということになる。余りものには福があるということわざがあるが、転職に関しては通じない。

転職エージェントに登録したら、「早期に転職を決めたい」という意思をエージェント側にしっかり示して、とにかく早めに求人を回してもらうようにしよう。

スピーディな対応で紹介される求人ほど、好条件である可能性が高いためだ。エージェントの対応の早さと紹介してもらえる求人の質は比例すると心得よう。

キャリアカウンセラーには転職者も早めの対応を

転職の意思がある場合、求職者側も早く対応を心掛けるべきだ。

転職エージェントは、企業に人材を紹介して紹介料をもらっている。すぐには転職する気がない求職者に企業を紹介して時間を浪費されたり、企業サイドに求人を引き上げられたりしてはたまったものじゃない。

良い案件が来たらすばやく転職を決めてくれそうな求職者以外は後回しにされても仕方ないといえる。また、ただちに転職する意思が感じられない求人者に対しては優良な非公開求人を紹介してくれない可能性もある。

本気で転職を考えているなら、エージェントの対応スピードにしっかり着いていけるスピード対応を、求職者側も意識すべきなのだ。

キャリアカウンセラーは転職者の人柄を見ている

転職エージェントは求職者の人となりを深く見つめ、チェックしている。スピード対応してもらいたいなら、あなたが転職に真剣で誠実であることを、しっかりとアピールすることが大切だ。

求職者の態度が悪い場合、優良案件どころか通常の公開求人の紹介すら後回しにされる可能性もある。転職エージェントの立場になって考えてみてほしい。せっかく求人をくれた企業に、人間性の良くなさそうな人材を紹介はできないだろう。

ある程度同じ能力を持っている求人者が複数いたら、人柄の良さそうな方を優先するのが当然だ。

現職の文句・愚痴ばかり言っていたり他社転職エージェントについて悪く言ったりする求職者は転職エージェントにも転職先企業にもいい印象を与えない。対応を後回しにされないためにも、誠実にエージェントと向き合うことをおすすめする。

転職成功のための転職エージェント見極め術

スピード対応で早期に転職させてくれるのが良い転職エージェント、そうでないのが悪い転職エージェントだ。

とは言っても、どうやってそれを見極めればいいのか。ここでは、転職が成功する転職エージェントと転職が失敗する転職エージェント、それぞれの特徴をまとめてみた。

転職が成功する転職エージェント

  • 自分の希望する業界・職種について専門的な知識や経験が豊富にある
  • 自社の転職情報だけでなく他社経由・自己応募の相談にも乗ってくれる
  • 要望に対して時には厳しくも適切なアドバイスをしてくれる
  • 自分の強みや弱みを把握してアピールポイントをまとめてくれる
  • 希望条件に合う非公開求人を探してくれる

転職が失敗する転職エージェント

  • 取りあえず受かる会社ばかりをすすめてくる
  • メールや電話対応が遅く連絡が付かない
  • 業界や職種の事情を理解しておらず誰にでも当てはまるような説明をする
  • 転職活動の方向性や選考会社対策などの提案ができない
  • とにかくさまざまな企業に求人者の履歴書や経歴書を送ってしまう

転職エージェントを見極めて転職を成功させるためには

転職エージェントを選ぶ際に重要なのは何よりも対応スピードだ。そして対応スピードはエージェントと求職者の相性によって変化する。

あなたの魅力や転職への想いがエージェントにうまく伝わらないと、対応を後回しにされ、質の良い求人を回してもらえないかもしれない。

最初の面談で「合わない」とはっきり感じたら、違うエージェントに交替してもらった方がよいだろう。

また、希望する業界・職種には「どのようなタイプの人間が多いか」「社員が帰宅する時間は何時ぐらいか」などを聞いてみるとよい。

募集要項では得られない情報を持っていれば、あなたが希望する業界における「良い転職エージェント」だと言えるだろう。業界知識を駆使したスピード対応が期待できる。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】