おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

社会人3年目の場合

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

社会人3年目は第二新卒といわれる世代。新卒よりも経験や実績があり、ある程度ノウハウが蓄積されている時期だ。それでいてまだ新卒のようなフレッシュさも残っているから、転職するのにはもってこいの時期だといえる。

ここでは、社会人3年目の転職を第二新卒の男・営業ジュンが解説していく。

社会人3年目で転職する人の理由とは

社会人3年目で退職を考える人はたくさんいる。なぜなら、3年目を一つの区切りとして考えている人が多いからだ。以下に転職をする理由をまとめたから見てみてくれ。

  • キャリアアップが望めない
  • 残業・拘束時間が長い
  • 仕事内容のミスマッチ
  • 待遇や福利厚生の悪さ
  • 企業の方針や組織体制
  • 社風のミスマッチ
  • 休日が少ない
  • 人間関係の悪さ
  • 将来性がない、業績不振
  • 評価・人事体制に対する不満
  • 体力が持たない

ほとんどが会社に対する不満だった。ある程度我慢することは必要だが、無理をするのはダメだ。転職を決めたらできるだけ早いほうがいい。

社会人3年目の転職はチャンス?その理由とは。

第二新卒として勝負できる

一般的に社会人3年目までは第二新卒と呼ばれている。企業は新卒採用活動の不振や、若手社員の退職によって第二新卒を求める傾向にある。それもそのはず、企業にとって第二新卒は魅力的だ。新入社員と比較すると社会人としての基礎づくりができているし、中途だが会社に染まりきっていないので馴染みやすい。素早く会社を見切る判断力があるのも特徴だ。人にもよるだろうが、やる気とバイタリティがあることが多い。こういった条件から、社会人3年目は転職のチャンスだといえるだろう。

スキルや経験を武器に勝負できる

第二新卒なら新卒と違って、スキルや経験をアピールすることも可能だ。自分が何を考えているかを明確にして主体的に動き、成果を出せる人間かどうかは、社会人3年目になると仕事に現れるものだからだ。そこを上手くアピールできれば、転職はより簡単になるだろう。特に第二新卒はポテンシャルを評価するため、学歴や職歴を重点的に見られる傾向にある。そこに圧倒的な成果を載せておけば、学歴や職歴に自信がなくてもかすんでしまうほどの効果があるだろう。

職種・業種のジョブチェンジができる

第二新卒は未経験の領域に挑戦するタイミングでもある。4~5年目以降の転職となると、職種・業種を変えての転職は非常に厳しくなるのが現実だ。なぜなら、企業が4~5年目以降の人材を採用する場合はどうしても経験者を求めるからだ。さらに年齢的なハンデを抱えて未経験の分野に飛び込むと、収入や待遇が著しく悪化する。だが、第二新卒であればポテンシャルが重視されるため、未経験の分野であっても不利にならない。こういった理由からジョブチェンジがしやすいといえるだろう。

転職都市伝説:「最低でも3年は頑張れ」とは?

みなさんも最低でも3年は仕事を続けろという都市伝説を聞いたことがあるのではないか?あれはあくまで目安だ。しかし、しっかりとした理由もある。「専門性の蓄積」と「実績の再現性」だ。仕事をすぐに辞めると専門性が一切身に付けられない。また転職をする際に前職の実績をアピールできないのはかなり痛い。採用・不採用に直結するといっても過言ではないだろう。「最低でも3年は頑張れ」都市伝説でありながら、理に適ってる言葉だ。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】