おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

社会人5年目の場合

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

社会人5年目で転職する人の理由とは

社会人5年目ともなると、今後給与は今後上がるのか、出世できる見込みはあるのかなど、おおよその予測がつくだろう。昇給を待つより、5年間で培った仕事のノウハウをほかの会社で活かしたほうがいいのでは?と思い始める社会人は少なくない。 ここでは、入社5年目の広報・アサミが調査した社会人5年目の転職事情を解説する。

社会人5年目で転職する人の理由とは

代表的な理由は以下だ。

  • 同じことの繰り返しで仕事がマンネリ化している
  • 5年働いてみてもやりがいを感じられなかった
  • どうしてもうまが合わない同僚・上司がいる
  • 5年我慢しても勤怠状況が改善しない(残業が減らない)
  • 給与がいつまでたっても上がらない
  • 今後出世できる可能性を感じられない
  • 別の会社で働いている同世代の友人の給与が多い
  • 5年働いた経験を転職市場でウリにできると思った
  • 転職が成功しやすいというウワサを耳にした
  • 入社当初より視野が広がり、新しいビジネスに挑戦してみたいと思うようになった

社会人5年目の転職はベストタイミング?その理由とは

社会人5年目の転職はベストタイミング?その理由とは

未経験分野に挑戦できる

未経験分野に挑戦するうえで重要なのは、柔軟性と社会人スキルだ。何十年も同じ会社に勤めている社会人は、その会社のルールにのっとって働いていたため、固定観念が強い。

それに比べて、社会人5年目は、ビジネスに必要なノウハウを学んでいながら柔軟性がある。新しい仕事の飲み込みも早いだろう。大学卒業後、1つの会社に5年間勤務していた人は27歳前後。まだまだ新しい可能性に挑戦しやすい年齢だ。

キャリアアップを目指して転職できる

社会人5年目は、キャリアアップを狙いやすい最高のタイミングといっても過言ではない。今の会社と同じ職種の会社に転職すれば、これまでの5年間で培ったスキルを存分に発揮できるだろう。

とくに、今勤めている職種が特殊な職種なら、5年間でその業界の人脈を広げられているはずだ。ちなみに、キャリアアップが期待できる同業他社を探すには、エージェントを介してキャリアアドバイザーに相談するのが効率的だろう。

多くの選択肢から選べる

社会人5年目ともなると、スキルやマナーはもちろん、ポテンシャルの高さ、柔軟性など、転職市場でウリにできるポイントが多く存在する。新人を指導する立場にあったなら、指導力もアピールできるだろう。

転職市場の需要は20代というだけで一気に高まるものだ。30歳以上になると、採用担当者に「今から新しい仕事を覚えられるのか」という疑念を抱かせてしまう可能性があるため、5年目の決断が転職成功のカギとなるかもしれない。

転職の都市伝説:28歳転職限界説とは?

転職の都市伝説:28歳転職限界説とは?

あなたは「28歳転職限界説」という都市伝説を耳にしたことがあるだろうか?シビアな響きだが、必ずしも28歳までに転職しないといけないという意味ではない。この都市伝説には「28歳までに転職を考えていたほうが良い」という意味合いがある。

20代はスキルや可能性を探す探索期だ。30代になると専門性を確立させる時期へと変化する。逆算して考えると28歳までに明確な方向性を考えていなければ、確立期になれず中途半端になってしまう可能性がある。もし、転職を考えているなら30代に突入する前に専門性を高めることも視野に入れておくと良いだろう。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】