おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

Uターンの場合

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

進学や就職に伴い都会に移り住む人は多くいる。しかし、そうした人たちの中には、地元に戻り職に就く、いわゆる「Uターン転職」をしている人も少なからずいるのだ。

ここではUターン転職のタイミングや気を付けたいポイントについて、都会に消耗した男・XXハヤトが解説していく。

女性の転職タイミングを都会に消耗した男・XXハヤトが攻略

女性の転職タイミングを都会に消耗した男・XXハヤトが攻略

Uターン転職のベストなタイミングとは

都心部から地方に転職するUターン転職者は、年々右肩上がりで増加しているのはご存じだろうか。「人口還流現象」として、注目を集めている現象だ。

しかしUターン転職をするのなら、タイミングを間違えないように気を付けなければならない。Uターン転職が増えているとはいえ、求人数は都心部とは比較できないほど数が違う。「諸手を挙げて転職」という風にはならないのだ。

Uターン転職するなら何歳まで?

Uターンをするのにベストなタイミングは、年代で言うと27~35歳にあたる。地方の企業では都心の企業に比べると研修制度が大手ほど整備されていないため、若すぎる人材を育てる余力がないと予想されているのだ。

さらに、一定の経験を積んでいないという風にもみなされる可能性があるため、20代中頃まではスキルや知識を磨くことに専念したほうが賢明だろう。

また反対に、年齢が行き過ぎていると、即戦力とはいえ敬遠されがちになってしまうのだ。

ライフイベントとUターン転職のタイミング

Uターン転職「区切り」の良いタイミング

Uターン転職をするタイミングには、ライフイベントとしての区切りのタイミングで地方に就職や転職をする人がほとんどだ。1番多いのは、大学卒業後に社会人となるタイミングの区切り。学生生活が終わることで強制的に就職に向き合い、都会で就職をするのか、地方でU・Iターン就職をするのかという選択に迫られる。

社会人になると思った以上にUターン転職するきっかけがなく、なんとなく都会で仕事を続けているということもあるだろう。継ぐべき家業などがなくても、時には立ち止まって考えてみるのも良いのかもしれない。

自分のいるべき場所を意識するタイミング

地元の文化や家業など、「自分にとって守りたいものがある」と認識したとき、自分がそこにいるべきだと考えるきっかけになったものなど、Uターン転職にはいろいろな理由がある。昔に比べると「土地に縛られる」というような感覚は薄れてきたものの、嫡子が家を継ぐとか、墓を守るというような考えは引き継がれているものだ。

こうした日本独自とも言える風習により、Uターン転職をする人もいるのだろう。

転職の都市伝説:Uターン転職の給与水準とは?

Uターン転職で切っても切れないのは、都心部にいたころから地方に移った時の給与水準の変化だろう。

都心ではその都市だけでなく、マーケットが全国、世界に及ぶことは珍しくない。しかし地方の企業となると、マーケットの規模は一気に縮小し、ローカルエリアに限定されていることが多くある。そうなると必然的に、地方の給与は都心と比べて下がってくるのだ。

Uターン転職の給与水準が低くなるというのは100%ではないにしろ、全体的には下がるのが普通だと考えられるだろう。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】