おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較

× CLOSE

   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】

女性の場合

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

男女平等の社会化が進んできたとはいえ、男女の違いが無くなることはない。出産や育児休業など女性ならではのライフイベントがあるからだ。ここでは女性が転職するベストなタイミングを、勝ち組の女・主婦マツコが解説していく。

女性の転職タイミングを勝ち組の女・主婦マツコが攻略

女性の転職タイミングを勝ち組の女・主婦マツコが攻略

女性のベストな転職タイミングとは

女性は30歳を過ぎると「結婚や出産が近いのでは」と思われるため、基本的には採用がされにくくなってしまう。30歳以上の女性を募集している求人の数自体が少なくなってしまうのだ。

となると転職のタイミングは、自然と30歳より前になってくる。20代前半はスキルを身に付ける時期だから、転職にはあまり向いていない。つまりある程度経験を積んできた27~28歳頃が、経験やスキルを活かしながら転職するベストなタイミングだと言えるだろう。

女性が転職するなら何歳まで?

一般的なビジネスシーンやキャリア理論では20代は「探索期」、自分自身のスキルや知識、可能性を広げる時期と言われている。30代になると「確立期」となり、より高度な専門性を確立する時期となる。

逆算して考えてみると、30代になる前に転職を成功させておく必要があるだろう。新しい職場で新しい仕事を覚えるのに2~3年を要するとなると、28歳頃までが転職に適した年齢と言えるのだ。

ライフイベントと女性の転職タイミング

ライフイベントと女性の転職タイミング

結婚と女性の転職タイミング

既婚の30代女性のうち64%が、結婚・出産の前後で転職をしている。そのなかでも、結婚してから妊娠・出産の間に転職した人たちが最も多いという結果も出ている。ただし転職は、出産前ならいつでも良いというわけではない。

結婚適齢期に差しかかり転職をすると、前後でやらなければならないことに忙殺され、自分自身のことがおろそかになってしまうことが想定されるのだ。そうならないためにも、転職は結婚後にするほうがベターである。

出産と女性の転職タイミング

転職のタイミングを考えるには、妊娠や出産といったライフイベントのことも一緒に考えなければいけないだろう。労働基準法では会社側は出産後8週間に関しては、申し出が無くても必ず休暇を取得できる。しかし育休に関しては事情が異なってくるのだ。

入社から1年未満の従業員が申し出た場合には、会社側はこれを拒否することができる。つまり、転職が成功しても育休がもらえず、泣く泣く退職することになるだろう。

そうならないためにも、家族計画を含め転職のタイミングは検討しなければならない。

転職の都市伝説:30歳を超えた女性の転職は不利なのか?

転職に関する都市伝説には「30歳を超えた女性は転職に不利になる」というものがある。これはあながち間違っているとも言えないのだ。

ハッキリと「20代を採りたい」とは言えないものの、30代よりも20代を採用したいというスタンスの企業は少なくない。こうした背景を踏まえ、未経験で他の業界へ転職する、職種を変えるといった転職を希望するのなら、早めの転職がおすすめだ。

                               
dodaエージェント マイナビエージェント リクルートエージェント
総求人数
64,211
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
35,097件
2019年2月8日
16:25調べ
総求人数
255,723件
2019年2月8日
16:25調べ
   おすすめ転職エージェントを口コミ・評判で徹底比較【みんなの体験談調査】